肌のバリア機能を高めて、潤いのある肌へと導く。

バリア機能が低下する多くの原因は、セラミド不足。

肌のバリア機能が低下すると、
アトピーや乾燥肌・乾燥性敏感肌を引き起こす原因となります。

 

健康な肌の場合、角質層の角質細胞はレンガのように規則正しく並んでいる。
そのレンガのすき間を角質細胞間脂質が、しっくいのように埋め、
頑丈なバリア層を形成している。

 

このバリア層が紫外線などの外部からの刺激や異物の侵入から守り、
水分を保持し蒸発を防いでくれるので、潤いのある肌を保つことができる。

 

バリア層を構成する角質細胞間脂質の約50%がセラミドという成分。
アトピーや敏感肌・乾燥肌などのある人の角質層は
健康な肌と比較すると、セラミドの量が減少している。
さらにセラミドは年齢を重ねるごとに失われていく。

 

バリア機能を高めるセラミド成分を補い、
保湿を高めて潤いのある美肌を取り戻しましょう。